女性

初心者のための芝張り|基本となるベタ張りを覚えよう

専門の業者に依頼する

草を刈る

夏になると庭の雑草が勢い良く成長するので、定期的に草刈りをしないといけません。しかし、自分では行なえない方もいるでしょう。そんな人は草刈りを専門に行なっている業者に連絡して、自宅の庭を綺麗にしてもらうと良いでしょう。

詳しくはこちら

綺麗に芝を敷き詰める

機械と芝

自宅の庭を綺麗にするために、芝生を張る方もいるでしょう。現在芝を張る方法は2種類あります。地面に直接種を蒔いて自分で芝を育てる方法と、四角くカットされた芝を購入して庭に敷き詰めていく方法です。地面に直接種を蒔く方法は、綺麗な芝になるまでに時間がかかります。それに、健康な芝にするためには手入れが大変です。簡単に美しい庭にするためには、ホームセンターや園芸店でカットされた芝を購入して敷き詰めていく方法が手軽で便利です。

芝張りの基本は、隙間なく芝を敷き詰めるベタ張りという手法です。カットされた芝を庭全体に敷き詰めるだけで簡単にできます。ホームセンターや園芸店で購入した芝を単純に並べるだけなので、難しいことはありません。一番簡単な芝張りの手法となっています。ベタ貼りをした場合も、最初は土に芝が定着していません。少し力を加えるだけで簡単に芝がズレてしまうこともあります。そのため、芝張りを終えたら上から砂を撒くと良いでしょう。砂がおもりの役目をして芝がズレることを防ぎます。さらに、芝と地面が定着しやすくなるでしょう。

芝張りの手段はベタ張りだけではありません。目地張りや市松張りなどがあります。目地張りは、外壁にタイルを張るように目地をつけて芝張りをする方法です。芝を一定の間隔をあけて敷き詰めていく方法です。綺麗に並べるのは難しいですが、芝が定着すると個性のある庭になるでしょう。市松張りは、日本に昔からある伝統的デザインの市松模様に芝を張っていく方法です。

正しい手入れを学ぶ

作業道具

自宅の庭に大きな木がある場合は、定期的に手入れをしなくてはいけません。そのため、伐採専門の業者に連絡して枝を切りましょう。専門の業者に手入れ方法を学ぶこともできます。手入れを学ぶと伐採作業も楽になるでしょう。

詳しくはこちら

木のプロフェッショナル

住宅と芝生

伐採だけでなく間伐まで行なっている業者は、木のことを知り尽くしている業者です。また、伐採だけでなく、庭の草刈りも請負っているので、住宅の庭をまるごと綺麗な景観にすることもできるでしょう。

詳しくはこちら